ゴップの遊び方

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



ゴップの遊び方とルール


▲ゲームをはじめるときの一例
 (山札の一番上は、表向きにします)
●遊び方の基本
人数
 2人

使用するトランプ
 1組52枚から、13枚のハートを全部抜いた39枚
 ジョーカーは使いません

ゲームのあがり方
 
のカードをたくさん集めること

●「ゴップ」の概要
「ゴップ」は二人で遊ぶトランプですが、遊び方も簡単なので、子どもたち二人だけでも楽しめるトランプゲームです。
一回のゲーム時間も長くないので、何回でも楽しめるところも魅力のひとつです。

●ゲームの準備
1組52枚の中から を全部抜き取って ひとりが のカード13枚を全部手札として、もうひと
りは のカード13枚を手札として持ちます。
残りののカードは、山札としてテーブルの上に裏向きにして積んでおきます。


●「ゴップ」の遊び方とルール

具体的な「ゴップ」の遊び方ですが、まず、山札の一番上のトランプを表向きにします。

次に、ふたりのプレーヤーは自分の手札の中から1枚のカードを選んで、裏向きにしてテーブルの上に差し出します。

ふたりのカードが出揃ったら出した
カードを表にして、数の強さを比べます。

ガードの強さ(順位)は、ふつう
  強い← K - Q - J - 10 - 9 - 8 - 7 - 6 - 5 - 4 - 3 - 2 - A →弱い
になっていますが、場合によってはふたりで決めてもいいと思います。

お互いに出したカードの強さを比べてみて、強いカードを出した人が表向きにされた一番上の
のカードを取ることが出来ます。

次の回も山札のカードの一番上を表向きにして、ふたりが互いに手札を出し合います。
後ははじめと同じで、表向きにしてカードの強さを比べて、順位の高いカードを出した人が、
のカードを取ることが出来ます。

この様にしてゲームを進めていきますが、出したカードが互いに同じ強さのカードだった場合、例えば、
のような場合は、どちらのカードも捨てて、のカードも残したままにしておきます。

これを繰り返していって、手持ちのカードが全部なくなったときにゲームは終了します。
また、最後に出した1枚が同じ強さのトランプだった場合、どちらも
を取ることは出来ません。

勝者は取った
のカードの点数で決めますが、それぞれの点数は
  A  1点
  J   11点
  Q  12点
  K  13点
  その他のカードは、数字と同じ点数
で合計点を競います。

以上が基本的な「ゴップ」の遊び方ですが、ルールや遊び方を工夫してみるのもおもしろいと思います。
例えば、同じ強さのカードを出した場合、
のカードはそのままですが、更にもう1枚を表向きにして、次に強いカードを出した人が2枚のを取るというような遊び方もおもしろいと思いますし、点数ではなくて、取ったカードの枚数で競ってみるのもいいかもしれません。

いずれにしても、「ゴップ」は二人で手軽に楽しめるトランプゲームなので、ぜひ一度楽しんでみてください。