ジャーマン・ホイストの遊び方

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



ジャーマン・ホイストの遊び方とルール


▲ゲームの一例
 (山札の上のトランプと同じマークのカードを出していきます)
●遊び方の基本
人数
 2人

使用するトランプ
 1組52枚
 ジョーカーは使いません

ゲームのあがり方
 
より強いカードで多くの勝ちをとるようにします

●「ジャーマン・ホイスト」の概要
「ジャーマン・ホイスト」は二人で遊ぶトランプゲームで、同じマークのカードの強さを競うゲームです。
遊び方は簡単ですが、「ジャーマン・ホイスト」ではカードを覚えておく記憶力なども必要です。


●ゲームの準備
ふたりのプレーヤーに各13枚を手札として配り、残りのカードは山札としてテーブルの中央に裏向きにして置きます。
次に、山札の
一番上のカードを表向きにします(このカードのマークが切り札になります)。


●「ジャーマン・ホイスト」の遊び方とルール

ゲームを進める順番が決まったら(普通はカードを配ってもらった人が最初にプレーします)、プレーヤーは手札の中から一番上の山札のマークに合わせてトランプを出していきます。

互いに出し合って、二人の内より強い切り札を出した人がこの回の勝ちとなります。

カードの強さ(順位)は
  強い← A - K - Q - J - 10 - 9 - 8 - 7 - 6 - 5 - 4 - 3 - 2 →弱い
となっています。

この回の勝者は山札の一番上にある表向きのカードをとって、負けた人はその下の裏向きになっているカードをとります。
(この裏向きのカードは相手に見えないようにして手札に入れます)

次の回をはじめるときも、先に山札の一番上のカードは表向きにしておきます。

二人のうち最初の回で勝った人から、一番上のカードと同じマークのカードを出していって、強いカードを出した人がこの回の勝者となります。

後はこれを続けていきますが、出せるカードがなかったら、どのカードを出しても構いません。
この場合は、切り札と同じマークのカードを出した人が勝ちになりますが、どちらも違うマークの場合は、順位の高いカードを出した人が勝ちとなります。

山札がなくなってしまうまでカードを出していきますが、その後はお互いの手札を出し合って勝敗を決めていきます。
この場合は切り札となるカードがないので、勝者が出したカードのマークと同じカードを出していって、強いカードを出した方が勝ちとなりますが、マークに関係なく、強いカードを出した人を勝ちにするなどしてもいいと思います。

二人とも手持ちのカードがなくなったときにゲームが終了しますが、最終的な勝者は、勝った回数の多い人となります。

ジャーマン・ホイストは遊び方が簡単なので、誰でも楽しめるトランプゲームです。
また、ルールや遊び方なども工夫できるゲームなので、自分たちだけの遊び方で楽しんでみるのもおもしろいと思います。