ふたりで遊ぶトランプ

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



二人で遊ぶトランプゲーム


二人で遊ぶトランプには、自分の持ち札を早くなくしていくものや、カードの点数や組合せを競うものなどが多くあります。
ひとりで遊ぶ場合と違って、相手や他のプレーヤーとの駆け引きがポイントになってくるので、ゲームの展開などにも注意を払う必要があります。

ここではふたりで遊べるトランプの種類を紹介していますが、ふたり以上なら楽しめるゲームも紹介しています。
どれもおもしろく遊べるトランプだと思うので、ぜひ楽しんでみてください。


ジャーマンホイスト
このゲームは二人で遊ぶトランプゲームで、より強いカードで多くの勝ちを取っていく遊び方です。
カードの強さだけを覚えていれば、遊び方やルールは簡単で、誰でも楽しむことが出来ます。
ゲームにはジョーカーを抜いた1組52枚のカードを使います。

ゴップ
「ゴップ」は、のカードをたくさん集めていくトランプゲームです。
ふたりで遊べるトランプゲームの中でも簡単なもので、子どもたちだけでも楽しむことが出来ます。
1組52枚のカードから、13枚のハートを全部とジョーカーを抜いた39枚のカードを使います。

セブン・ブリッジ
このゲームは、2〜6人で遊べるトランプゲームで、自分の持っているカードをすべてなくしてしまうことで勝ちとなるゲームです。
使うカードはジョーカーを抜いた1組52枚で、ルールも覚えやすいので、誰でも参加することのできるトランプゲームです。

ダウト
「ダウト」はたくさんの人数の方がおもしろく遊べると思いますが、二人でもゲームを楽しめることが出来ます。
ジョーカーを抜いた1組52枚のカードを使って、自分の持っている手札を早くなくしてしまった方が勝ちとなるトランプです。

エイト
「エイト」は5人以上でも遊べるトランプゲームで、2人でも楽しむことが出来ます。
幅広く楽しまれているゲームで、ジョーカー以外の1組52枚のカードを使って、早く自分のカードをなくしていくトランプゲームです。

神経衰弱
このゲームはひとりでも遊べるトランプゲームで、ルールはとても簡単なものです。
使うカードは1組52枚で、ジョーカーは使いませんが、記憶力がポイントのトランプです。

ページ・ワン
このゲームも幅広く楽しまれているトランプで、ふたりで遊べるほか、8人までなら楽しむことができます。

遊び方も簡単で、ジョーカーを抜いた1組52枚のカードを使って、自分の持ち札を早くなくした人が勝ちとなります。

ローリング・ストーン
2人以上、6人位まで遊べるトランプゲームです。
ジョーカーを抜いた1組52枚を使って、手札を早くなくしていくようにしていきますが、回ごとに勝敗が決るという面白さもあるトランプです。

スイッチ
「スイッチ」は「エイト」によく似たトランプゲームで、8人までは遊べますが、二人でも楽しめるトランプです。
幾つかのカードにはそれぞれに役割があって、思わぬ展開が繰り広げられるゲームです。
使うカードはジョーカーを抜いた1組52枚です。


各ゲームの遊び方やルールなどは、それぞれの詳細ページで写真と一緒に分かりやすく紹介しています。
また、どのゲームも二人だけの独自のルールを作ったりすることもできるので、オリジナルのルールで楽しんでみるのもおもしろいと思います。