シープスヘッドの遊び方

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



シープスヘッドの遊び方とルール


▲ゲームの様子の一例
 同じマークのトランプを出していきます。
●遊び方の基本
人数
 3人

使用するトランプ
 32枚
 
1組52枚の中から2、3、4、5、6を抜いて使います。
 ジョーカーは使いません。

ゲームのあがり方
 出来るだけ多くの点数を取ること
 または、61点以上取ること

●「シープスヘッド」の概要
「シープスヘッド」はカードの合計点を競うトランプゲームで、元のルールは61点以上の点数を取るのが目的になっています。
ここでは「シープスヘッド」のいろいろなバリエーションの中で、もっとも簡単なルールの遊び方を紹介しています。


●ゲームの準備
各プレーヤーには10枚ずつのトランプを配り、2枚は場(テーブルの中央)に裏向きにし伏せておきます。
「シープスヘッド」でのカードの配り方は、最初に3枚ずつ、次に2枚を場に伏せて、後は4枚ずつ配った後、最後に3枚ずつを配りますが、1枚ずつ配っても構いません。


●「シープスヘッド」の遊び方とルール

ゲームをはじめる前に、「シープスヘッド」には切り札が決まっているので、まずそれを覚えておきます。

切り札は4枚のQと4枚のJ、それに
ははすべてが切り札になります。
また、各カードの強さ(順位)はQがもっとも強くて、イラストにすると次のようになります。



また、これらの切り札以外のマークでは

 
強い← A - 10 - K - Q - J - 9 - 8 - 7 →弱い

の順位になっています。

さて、具体的な「シープスベッド」の遊び方ですが、プレイする順番が決まったら(普通はディーラ/カードを配った人の左の人からです)、はじめの人が手持ちのカードから1枚を場に出してゲームが始まります。

次の人は、出されたカードと
同じマークのカードを出さなければなりません。

同じマークのカードがないときは、先ほどの切り札を出すか、手持ちの中から1枚を捨て札として場に出します。

3人が出し終わって、出されたマークの中で
一番強いカードを出した人、または、一番強い切り札を出した人が、この回の勝者となります。

このようにゲームを進めていって、最初に場に伏せてあった2枚のカードは、最後の回をとった人のものとなります。

最終的なゲームの勝者は、各カードの点数の合計点によって決まります。
各カードの点数は
  A  11点
  10 10点
  K   4点
  Q  3点
  J  2点
となっていて、その他のカードの点数は0点です。

以上が「シープスヘッド」の簡単な遊び方ですが、このゲームにはたくさんのバリエーションがあるので、自分たちだけのゲームを楽しむことも出来ます。

また、元々「シープスヘッド」は61点以上を取ることを目的とした遊びで、最初にカードをリード(場に出すこと)した人が61点以上取れば、このゲームの勝者になります。
この場合は、あとのふたりは連合軍のような形で、ひとりが61点以上取らないように協力してゲームを進めていきます。

この「シープスベッド」でのカードの合計点は全部で120点あるので、この過半数を取るのはなかなか難しくて、ゲームとしても楽しく遊べます。

この他にもカードを最初にリードする人を決める方法もいろいろありますし、場に伏せてある2枚のカードを取る方法なども幾つかあります。
「シープスベッド」は切り札とカードの強さだけを覚えていれば簡単に遊べるトランプゲームなので、後はバリエーションなどを工夫して楽しんでみてください。