スイッチの遊び方

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



スイッチの遊び方とルール


▲4人でゲームをはじめるときの状態 (台札のカードはイメージです)
●遊び方の基本
人数
 2〜8人

使用するトランプ
 1組52枚
 5人以上で遊ぶ時は2組のカードを使います。
 ジョーカーは使いません

 6人以上で遊ぶときは、2組を使います。

ゲームのあがり方
 早く自分の持っているカードをなくしてしまうこと


●「スイッチ」の概要
「スイッチ」は「エイト」によく似たトランプゲームです。
特別なカードはありませんが、幾つかのカードにはそれぞれに役割があって、思わぬ展開が繰り広げられるゲームです。


●ゲームの準備
ゲームをはじめる前の準備は、各プレーヤーに5枚ずつのカードを配ります。
残ったカードは、テーブルの中央に山札として裏を向けて重ねておきます。
そして、山札の上の1枚を表にして、台札として山札の横に置きます。


●「スイッチ」の遊び方とルール

「スイッチ」は自分の手札を早くなくしてしまった人の勝ちとなるトランプゲームで、プレイする順番なども好きに決めて大丈夫です。

ゲームの進め方やルールなどは、「エイト」とほとんど同じで、各プレーヤーは
台札と同じマークか同じ数字のカードを出していって、出せないときは山札からカードを取ります。

「エイト」と違うところは、
山札からとるときは1枚だけに限られているところです。

そして、カードを引いたら次の人がプレイをします。

このようにしてゲームを続けていきますが、「スイッチ」では8のような
特別なカードはありません。
しかし、次のように
カードの役割が決まっています。

「5」は、逆まわり
のカードで、5が出されたときは順番が逆まわりになります。
(これまで時計まわりだったものが、逆時計まわりになったりします)

「8」はスキップカードで、8が出されたときは、次の順番の人をひとり飛ばしてゲームを進めます。

「J」はマーク変更のカードで、Jを出した人は、次に出すマークを指定することが出来ます。

「Q」は次の順番の人に山札から2枚のカードを引かせることが出来ます。
但し、次の人もQを持っていたら、Qのカードを出す事が出来ます。
この場合は、その次の人が4枚のカードを山札から引くことになります。

もし、立て続けにQが出たら、最後の人は出されたQの数×2枚のカードを引かなければならなくなるので、最大で8枚のカードを山札から取ることになってしまいます。

「K」も「Q」と同じなのでですが、
Kの場合は3枚のカードを山札から引かなければなりません。
(この場合は、最大で12枚のカードを取らなければならないことがあります)

最後に「A」ですが、これもQと同じですが、
Aは4枚のカードを取ることになります。
(最大で16枚になります)

このようにしてゲームを進めていって、自分のカードが早くなくなった人の勝ちとなります。

このゲームでは幾つかのカードの役割に注意しなければなりませんが、遊び方自体は簡単なものなので、誰でもすぐに始められると思います。

点数をつけるときは「エイト」の時と同じようにつけますが、カードの役割なんかは適当に変えて遊ぶのもOKです。

例えば、Aは普通のカードと同じ扱いにしたり、山札から引いたカードの中に出せるカードがあったら出してもよいとか、その辺りの遊び方は、グループの中で決めてみるのもいいと思います。

このトランプゲームは「エイト」のバリエーションのようなものなので、ひとつのゲームに馴れてきたら、どちらのゲームも楽しむことが出来ると思います。
人数が多くてもできるトランプなので、ぜひ楽しんでみてください。