ページ・ワンの遊び方

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



ページ・ワンの遊び方とルール


▲4人でゲームをはじめるときの状態 (すべて裏向けです)
●遊び方の基本
人数
 2〜8人

使用するトランプ
 1組52枚
 ジョーカーは使いません

ゲームのあがり方
 自分の持っているカードをすべてなくしてしまうこと


●「ページ・ワン」の概要
「ページ・ワン」は「ゴー・ブーム」にとても似ているトランプゲームで、日本版「ゴー・ブーム」とも言えます。
このゲームを楽しんでいる人もたくさんいると思いますが、違うところは、最初に持っている手札の数くらいのものです。
「ページ・ワン」はルールや遊び方も簡単なので、誰でもすぐに楽しめるトランプゲームです。


●ゲームの準備
ゲームをはじめる準備として、各プレーヤーには手持ち札として各4枚ずつのカードを配って、残ったカードは山札としてテーブルの中央に積んでおきます。

最初にプレイする人は、ディーラー(カードを配る人)がいる時はその左隣の人からはじめますが、順番は適当に決めて大丈夫です。


●「ページワン」の遊び方とルール

さて、ページ・ワンの遊び方ですが、自分の持っているカードをすべてなくしてしまうことで勝ちが決まるトランプゲームです。

まず、最初の人が自分が持っているカードの内、どれでも好きなものを1枚選んで、テーブルの上(場)に出します(リードします)。

これでゲームが始まりますが、次の人は、出されたカードと
同じマークのカードを出していきます。

自分の順番がまわってきた時、同じマークのカードがなければ、山札の上から1枚をとります。

とったカードが同じマークなら台札の上に出すことができますが、そうでない場合は、
同じマークのカードが出るまで、山札から取らなければなりません

プレーヤーがひと巡りしたら、取りあえずその回は終了します。

この回で、一番強いカード(順位の高いカード)を出した人が、次の回のトランプをリードします(最初のカードを出します)。

カードの強さは

強い← 
A - K - Q - J - 10 - 9 - 8 - 7 - 6 - 5 - 4 - 3 - 2 →弱い

ですが、Kを一番強くしてみたりしても構いません。

このようにゲームを進めていって、自分の手持ちのカードが2枚の時の順番で、その内のどちらかを出すことが出来れば、そのカードを場に出して
「ページ・ワン」と言って、プレーヤー全員に伝えます。

このゲームの特徴なルールは、この「ページ・ワン」と伝えるところにあります。
もし、これを伝えるのを忘れてしまって、誰かにそれを指摘された時には、テーブルにある
山札から5枚のカードを取らなければなりません。
(伝えるときのルールは、トランプをテーブルに出したときや、次の人がプレイを始めるまでとか、最初に決めておくといいと思います)

何故「ページ・ワン」なのかはよく分かりませんが、とにかくこのルールがゲームをおもしろくしています。

以上のようにゲームを続けていって、最初に手持ちのカードがなくなった人が勝ちとなりますが、ゲームの途中で山札がなくなったら、シャッフルして積みなおすようにしてください。


ゲームの遊び方は大体このような感じですが、「ページ・ワン」にはバリエーションもあって、出せるカードは同じマークか同じ数字といった、「ゴー・ブーム」と同じものや、最初の手持ちの枚数を増やしてみたりと、いろいろなパターンがあるようです。

いずれにしても、あと1枚のところで「ページ・ワン」と伝えるところが、このトランプゲームの特徴てあり、おもしろいところだと思います。
ルールや遊び方も単純なので、ぜひ楽しんでみてください。