ひとりで遊ぶトランプ

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



一人で遊ぶトランプゲーム


ひとりで遊ぶトランプゲームは「ペーシェンス」とも呼ばれていて、広く楽しまれています。

ひとり遊びのトランプには同じマークのカードを一組にしたり、繋がる数列をつくっていくものなどが多いのですが、必ず成功するというものでもありません。
それだけに、ひとり遊びと言っても単純にゲームを進めていくだけではうまくいかず、カードを移動する順番を考えたり、記憶力なども必要となってきます。

中にはかなり難しいひとり遊びのトランプゲームもありますが、ここでは比較的簡単で、広く遊ばれているゲームを紹介しています。
どれも簡単なルールで楽しめると思うので、是非トライしてみてください。


40人の盗賊
このゲームは2組104枚(ジョーカーは使いません)のカードを使って遊ぶトランプゲームです。
8枚のAの上に、Kまでの同じマークの上がり数字をつくっていくことでゲームを完成させます。
「セントヘレナのナポレオン」とも呼ばれているゲームで、ルールも簡単です。

ビズリー
「ビズリー」は、4枚のAの上に、同じマークの数字を上がり数字で重ねていくひとり遊びのトランプゲームです。
1組52枚を使いますが、ジョーカーは使いません。
カードを移動していくだけですが、移動の順番によって成功率も変わってきます。

モンテカルロ
このゲームは、ペアになっているカードをとっていって、自分の手札を全てなくすことでゲームは完成です。
使うカードは1組52枚で、ジョーカーは使いません。
簡単なルールなので、チョッとした時間があれば楽しめるトランプゲームです。

神経衰弱
このゲームは、二人以上で遊ぶことが多いのですが、ひとりでも遊べるトランプゲームです。
使うカードはジョーカーを抜いた1組52枚で、ルールはとても簡単ですが、記憶力が必要になってくるゲームです。


各ゲームの遊び方やルールなどは、それぞれの詳細ページで写真と一緒に分かりやすく紹介しているので、ぜひ楽しんでみてください。
また、ひとりで遊んでみるだけでなく、友達と二人で知恵を出し合いながらカードを動かして見るのもおもしろいと思います。

それと、ここで紹介している遊び方の他にも、ひとりで遊べるトランプゲームはたくさんあるので、随時紹介していくつもりなので、楽しみにしていてください。