神経衰弱の遊び方

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



神経衰弱の遊び方とルール


▲ゲームの様子
 (この図のように、同じ数字なら取ることが出来ます)
●遊び方の基本
人数
 2以上
 (1人でも遊べます)

使用するトランプ
 1組52枚
 ジョーカーは使いません

ゲームのあがり方
 同じ数字のペアを、多く集めること


●「神経衰弱」の概要
このトランプゲームは「メランコリー」や「コンセントレーション」などとも呼ばれていて、広く楽しまれています。
皆さんも一度はしたことがあると思いますが、ルールも簡単なので、すぐ遊ぶことのできるトランプゲームです。


●ゲームの準備
すべてのカードを裏向きにして、テーブの上に適当にばら撒きます。
但し、各カードは重ならないように注意します。
準備はこれだけです。


●「神経衰弱」の遊び方とルール

「神経衰弱」は、数字が同じペアのカードを出来るだけ多く集めるのが目的です。

プレイする順番が決まったら(これは適当に決めてください)、最初のプレーヤーは、裏向きにばら撒かれたカードの中から
2枚を選んで、その位置で表向きにひっくり返します。

選んだカードが
同じ数字だったら、その2枚のカードは自分のものとして手元に引き取ることが出来ます。
そして、もう一度2枚のカードを選ぶことが出来て、この2枚もペアになっていたら、それも手元に引き取って、更に2枚選ぶことが出来ます。

選んだ2枚がペアになっていないときは、その場に元のように裏返しにして、次の人がプレイをします。

次の人は、これと同じように2枚のカードを選んで、ペアになっていたら手元において、更に2枚を選びます。
ペアになっていなかったら、その場所に裏返しのまま置きなおして、次の人に移ります。

このようにゲームを進めていって、多くのペアカードを取った人が勝ちとなります。

「神経衰弱」はとても単純なトランプゲームですが、かなり記憶力を必要とします。
ですから、案外子どもたちの方がたくさんのペアをとることが出来るゲームでもあるので、家族の間などでも一緒になって遊べます。
それに、このトランプゲームはひとりでも遊べるので、時間があるときなどに、練習のつもりで楽しんでみるのもいいと思います。