リンギング・ロングの遊び方

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



リンギング・ロングの遊び方とルール


▲ゲームの最初の様子
 1枚を台札(切り札)として、表向きにします。
●遊び方の基本
人数
 4〜6人

使用するトランプ
 1組52枚
 ジョーカーは使いません


ゲームのあがり方
 最後まで自分の手札を残しておくこと

●「リンギング・ロング」の概要
トランプゲームでは、自分の持っている手札を早くなくしてしまうゲームが多いのですが、「リンギング・ロング」はその逆で、最後まで手札を残しておくトランプゲームです。
ルールや遊び方も簡単なので、誰でもすぐに遊ぶことのできるゲームなので、是非みんなで楽しんでみてください。


●ゲームの準備
ゲームをはじめる前に、各プレーヤーに
  
4人 各9枚
  5人 各8枚
  
6人 各7枚
のカードを、手札として配ります。

その後、残った
1枚をテーブルの中央に表向きにして出します。
この台札のマークが、最初の切り札となります。
残ったカードは、テーブルの中央に山札として裏向きにして置いておきます。


●「リンギング・ロング」の遊び方とルール

ゲームを進める順番が決ったら、最初の人はテーブルの上に表向きにしてある切り札(台札)と同じマークのカードを出します。

出せるカードがなかったら、自分の持ち札の中から1枚を捨て札としてテーブルに出します。

次の人も同じようにしてカードを出していって、一巡りした後、切り札と同じマークの一番強いカードを出した人が、この回の勝ちとなります。

カードの強さは
  強い← 
A - K - Q - J - 10 - 9 - 8 - 7 - 6 - 5 - 4 - 3 - 2 →弱い
になっています。

勝った人は、山札の中から1枚を取って、自分の手札に加えます。
ほかの人は山札から取ることは出来ず、手札は1枚減ったままです。

次の回は、この回で勝った人がリードして、1枚のカードを表向きにしてテーブルに出します。

この回は、このカードが切り札となるので、次の人からはこれと同じマークのカードを出していきます。
出せるカードがなければ、さっきと同じように手札の中から1枚を捨て札として出します。

このようにゲームを進めていって、自分の
手札がなくなってしまった人はその時点でゲームから抜けます。

最後まで自分の手札を残していた人の勝ちとなります。

この「リンギング・ロング」は遊び方が簡単なので誰でも参加できるトランプゲームですが、自分たちだけのオリジナル・ルールを作っても構いません。

例えば、全員がテーブルにあるカードと同じマークが出せないときなどがあると思いますが、このような場合は、マークにもランク(強さ)をつけていて、同じ数字のカードを出した場合は、ランクが強いマークを出した人の勝ちとしてもいいと思います。
「リンギング・ロング」はルールが単純なだけに、いろいろなバリエーションを作れるトランプゲームだと思うので、是非オリジナルの遊び方などにもトライしてみてください。