エイトの遊び方

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



エイトの遊び方とルール


▲4人でゲームをはじめるときの状態 (台札のカードはイメージです)
●遊び方の基本
人数
 2〜5人
 (6人以上でも遊べます)

使用するトランプ
 1組52枚
 ジョーカーは使いません

 6人以上で遊ぶときは、2組を使います。

ゲームのあがり方
 自分の持っているカードをすべてなくしてしまうこと


●「エイト」の概要
「エイト」は日本でも広く楽しまれていて、知っている人も多いと思いますが、エイトは自分の手持ちのカードを減らしていって、早くカードがなくなった人がゲームを終わらせて勝者になるという、ストップ系の遊び方です。
ルールや遊び方も難しくないので、ぜひ楽しんでみてください。


●ゲームの準備
まず最初に手持ちのカードを配りますが、
  
2人の時   7枚
  3〜5人の時 5枚

のカードを、各プレイヤーに配ります。

残ったトランプは裏向きにして、テーブルの中央に山札として置いておきます。
そして、テーブルにある山札から一枚をとって、この札を表向きにして、山札の横に台札として置きます。

これでゲームを楽しむ準備は出来たので、次に最初にプレイする順番などを決めます。
普通は、カードを配る人(ディーラー)がいる時は、その左隣の人からはじめて、時計まわりにゲームをしていきますが、都合に合わせて決めてください。


●「エイト」の遊び方とルール

さて、「エイト」の遊び方ですが、このトランプゲームは自分の持っているカードをすべてなくしてしまうことで勝ちとなります。

プレーヤーは自分の番がまわってきた時には、1枚のカードを台札の上にのせていきます。
但し、自分の手札から出せるカードは、テーブルの上に表向きに置かれた台札と
同じマークか、同じ数字(ランク)のカードしか出すことができません。

例えば、自分が持っているカードが であったとして、台札に が出て
いる場合は、マークが同じ10か、数字が同じ5のどちらかを出すことができます。

また、
一度に出せるカードの枚数は1枚で、両方のカードは出せません。

こうして各プレーヤーが順番にトランプを出していって、自分の手札を少なくしていきますが、もし自分が持っているカードの中に
出せるカードがなかったら、テーブルの山札から一枚とらなければなりません。

山札からとったカードが台札と同じマークか同じ数字だったら、それをそのまま台札の上に重ねて置きます。
しかし、台に出せないカードだったら、台に出せるカードが出るまで、山札から一枚ずつ取っていかなければなりません。
台に出せるカードが出たら、その一枚を台札の上に重ねて置き、次の人がプレイをします。

時には5〜6枚のカードを取らないといけないこともありますが、台に出せるカードが出ても、そのまま山札からカードをとっていっても構いません。
この場合は自分の手持ちが増えてしまいますが、作戦を考えて台札にのせないこともあります。
(但し、この場合は、1回とか2回とかといったように、回数を決めた遊び方をした方がいいです)

このようにしてゲームを続けていって、誰かが
手持ちのカードをなくしてしまったらゲームは終わりです。
もちろん手持ちのカードをなくした人の勝ちですが、ゲームが終わらないうちに、テーブルの上の山札が先になくなってしまうこと があります。

この時は、自分が持っているカードを台に出せない人はパスをして、次の人が順番にゲームをしていきます。
そして、誰もカードが出せなくなった時にゲームは終了です。

この時の勝者は、残っているトランプの点数が低い人が勝ちになりますが、ふつう各カードの点数は下のように計算します。

  8      50点
  K, Q, J  各10点
  A      1点
その他のカードは、カードの数字がそのまま点数になります。

誰かが手持ちのトランプをなくしてゲームが終了したときも、2位以下はこの点数で得点をつければいいと思います。
(この時も、点数の低い人の方が勝ちになります)


ところで、8の点数が50点もあるのに気づいたと思いますが、この「エイト」というトランプゲームの特徴は、8のカードに与えられた役割にあります。

8のカードはどのカードの代わりにもなって、自分の順番がまわってきた時、台札にのせるカードがなかっても、
8のカードを持っていれば、これを出すことができます。

それだけでなく、8はどんなカードの時でも出すことができる上、
8を出した時は次の人が出すカードのマークを指定することも出来ます

例えば、台札が で、自分は を持っているとします。
この時8を持っているので を出して、次の人が出すカードのマークを指定します。

マークを指定する時は好きなマークを指定することが出来ます。
自分は を持っているので、このマークを次の人に指定することも出来ます。
(数字までは指定できません。マークだけです)

次の人は指定されたマークのカードを出せなければいけませんが、もし、次の人も8を出したら、再度マークを変えることもで きます。


このように、8は特別の働きをしてくれるカードなので重宝するのですが、注意しないといけないカードでもあります。
先ほどゲームの終了について話しましたが、誰かが手持ちのカードをすべてなくしてゲームが終了したとき、この8のトランプを持っていると50点として計算されてしまいます。
ですから、8のカードの使い方をよく考えながらゲームを楽しむことが必要です。


以上が「エイト」の遊び方の基本ですが、ゲームのルールなどは適当に変更しても構いません。
例えば、山札からとったカードが台札と同じだった場合は、必ず上に重ねるとか、自分たちだけのルールを作って遊ぶのもいいと思うので 、いろいろな遊び方を工夫して、是非この「エイト」も楽しんでみてください。