ドンキーの遊び方

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



ドンキー(ピッグ)の遊び方とルール


▲4人でゲームをはじめるときの状態
   (使わないカードはよけておきます)
●遊び方の基本
人数
 3〜13人

使用するトランプ
 1組52枚
 ジョーカーは使いません

ゲームのあがり方
 同じ数字の四枚のカードを集める


●「ドンキー」の概要
「ドンキー」は、同じ数字のカードを集めるというだけの簡単なトランプゲームです。
日本では「ピッグ」などとも呼ばれているゲームで、どちらも遊び方は同じです。
楽しんでいる方も多いと思いますが、人数が多いパーティーなどにはうってつけのトランプゲームです。


●ゲームの準備
ゲームをはじめる準備は、まず人数に合わせて同じ数の四枚のカードを適当に選び出します。

例えば3人でゲームをする場合は、四枚のK、四枚のQ、四枚のJなどを選び出して、全部で12枚を使います。
4人でゲームをするなら、あと一組四枚のAなどを選び出して、16枚のカードを使います。
残ったカードは使わないので、横によけておきます。

次に、選び出したカードをシャッフルしてから、
各プレーヤーに4枚ずつ配ります。
これでゲームの準備はOKです。


●「ドンキー」の遊び方とルール

さて、ゲームの遊び方ですが、各プレーヤーは同じ数字の四枚のカードを集めることが目的です。

まず、配られた自分のカードの中から要らないと思う1枚のカードを、左にいる人に
裏を向けて同時に渡します。

例えば3人でゲームをしている場合は、3人が同時にカードを渡すようにして、渡されたカードも3人が同時に確認するようにします。
もちろん、カードを渡す前に、渡されたカードを見るのはルール違反です。

これを繰り返していって、自分の手持ちのカードが、同じ数字の四枚になれば勝ちとなります。
(同じ数字の四枚のマークが揃います)

しかし、ここからがこのゲームのポイントで、四枚のカードが揃った人は、その時点でカードを渡すのをやめて、
持ち札を自分の前に揃えておきます。
そして、これに気づいた人も自分のカードを揃えてテーブルの上におきます。
これに気づくのが一番遅かった人が「ドンキー」で、一番最下位になるというトランプゲームです。

遊び方自体は単純なのですが、意外と相手のことに気づかず、ついついドンキーになったりするところがおもしろいトランプゲームです。
人数が多いほど注意が散漫になってくるので、グループなどで楽しむトランプゲームとしてもお勧めです。

また、「ドンキー」には「ピッグ(或いは「豚の鼻」)」などというバリエーションもあります。
これは遊び方は同じなのですが、四枚のカードが揃った時に自分の鼻を指で押さえるというものです。
揃ったカードはテーブルの上に出しても構いませんし、手に持ったまま鼻を押さえても構いません。

日本では「ピッグ」の方がよく遊ばれているように思いますが、「ドンキー」は誰にでも出来るトランプゲームなので、どちらも広く楽しまれています。