ダウトの遊び方

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



ダウトの遊び方とルール


▲4人でゲームをはじめるときの状態 (すべて裏向けです)
●遊び方の基本
人数
 2〜10人位

使用するトランプ
 1組52枚
 6人以上なら2組
 ジョーカーは使いません

ゲームのあがり方
 自分の持っているカードをすべてなくしてしまうこと


●「ダウト」の概要
「ダウト」は数字の大きささえ知っていれば、かなり小さい子どもたちでも楽しめるトランプゲームです。
遊び方やルールも分かりやすく、多くの人数で楽しむパーティーにも最適なトランプゲームです。


●ゲームの準備
まずゲームをはじめる準備ですが、各プレーヤーに手持ちとなるカードを配ります。
この時、全員が同じ枚数にならない事がありますが、その辺りは気にせず、適当に配っていって大丈夫です。

ゲームをはじめる人や順番も、普通はディーラー(カードを配った人)の左隣の人からはじめて、時計まわりですすめていきますが、こちらも適当に決めてください。


●「ダウト」の遊び方とルール

では、ゲームの遊び方ですが、このトランプゲームでは自分の持っているカードをすべてなくしてしまうことが目的です。

最初にカードを出す人が決まったら、その人が手持ちの中からテーブルの上にカードを差し出すことでゲームがはじまります。
しかし、
最初にカードを出す人は、必ず「1(A)」と言ってカードを出さなければなりません。

この時、複数のカードを同時に出すことができますが、複数のトランプを出すときは「1が三枚」などと、
数字と出したカードの枚数も伝えるようにします。
(一度に出せる枚数は4枚までですが、2組のカードを使う場合は8枚まで出すことができます)

もちろん、
カードは裏向きにしてテーブルに出します。

次の人は「2」と言ってカードを出して、その次の人は「3」と言ってカードを出します。

このように「1(A)」から順番に「13(K)」まで出していって、「K」の次はまた「1」からカードを出していきます。

つまり、このトランプゲームの特徴は、テーブルに出せる
カードの順番が決まっていることです。

そして、もうひとつのポイントは、自分の順番のときには、必ずカードを出さなくてはならないことです。
このゲームでは、他のゲームのように
パスすることは出来ません。

この2点がこのゲームをおもしろくしているのですが、「ダウト」ではパス出来ない代わりに、テーブルに出すカードは必ずしも
言った数字のカードでなくても構いません

例えば、「4」を出す順番がまわってきた時、手持ちに「4」がなくて、代わりに「8」のカードなどを「4」と言って(ダウトして)出しても構いません。

このようにゲームを続けていって、最初に手持ちがなくなった人の勝ちでゲームは終了します。

しかし、このトランプゲームの本当のおもしろさは、誰かが出したカードが怪しいと思えば、他のプレーヤーは
「ダウト」と言って、カードを確かめることが出来るところにあります。

もちろん他のプレーヤー全員でなく、誰かが「ダウト」と言えばいいのです。

「ダウト」と言われた人は、出したカードをすべて表に向けて、正しい数字のものが出されたかどうかを確かめられます。

正しい数字が出されていたら、「ダウト」と指摘した人は、それまでにテーブルに出された
すべてのカードを取らなければなりません。

また、もし指摘されたように違ったカードを出していたのなら、出した人がすべてのカードを取らなければなりません。

カードを複数出したとき、例えば「3」を二枚出したときなどは、ひとつが正しかっても、正しくないカードが混ざっていれば、出した人がすべてのカードを取らなければなりません。

このようにゲームを進めていって、最初に持ち札をなくした人が勝ちとなりますが、もし二人以上のプレーヤーが同時に「ダウト」をかけて、出されたカードが正しかった場合は、カードを出した人の左側とか右側といったように、適当に決めておいてください。
(ジャンケンなどで決めてもいいです)

ゲームが終わった時点で二位以下の順位を決める場合は、各プレーヤーが持っているカードの合計点などで決めるようにします。

各カードの点数は

  K, Q, J  各10点
  A      1点
 その他のカードは、カードの数字

などと決めておくといいと思います。
点数で順位を決める場合は、合計点が少ない人が上位となります。

ダウトは数字を順番に出していくだけの簡単なトランプゲームなので、誰でも楽しむことが出来ます。
ルールや遊び方も簡単なので、家族や仲間同士のパーティーなどでやってみれば、かなり盛り上がるゲームだと思います。

また、遊び方にもいくつかバリエーションがあるみたいで、一度に出せるカードは1枚だけとか、仲間同士のルールを作って遊ぶのおもしろいと思います。