セブン・ブリッジの遊び方

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



セブン・ブリッジの遊び方とルール


▲ゲームをはじめるときの一例
●遊び方の基本
人数
 2〜6人
 (4人がベスト)

使用するトランプ
 1組52枚
 ジョーカーは使いません

ゲームのあがり方
 自分の持っているカードをすべてなくしてしまうこと


●「セブン・ブリッジ」の概要
「セブン・ブリッジ」は「ラミー」という欧米のトランプゲームと同じで、広く楽しまれています。
内容は「ブリッジ」とはまったく違っているのですが、ルールも覚えやすいので、誰でも参加できるトランプゲームです。


●ゲームの準備
ゲームをはじめるにあたって、まず各プレーヤーに、それぞれ手札を配っておきますが、

2人の時    10枚
3〜4人の時  7枚
5〜6人の時  6枚


を各プレーヤーに配ります。

残ったカードは、テーブルの中央に山札として、裏向きにして重ねておきますが、一番上のカードを1枚とって、
表向きにして山札の横に場札として置いておきます。


●「セブン・ブリッジ」の遊び方とルール

自分の手札をなくしていくトランプゲームですが、まず、手札を減らす方法(ルール)を覚えておきます。

3枚以上の同じ数字のセットをつくる
例えば、 のような感じです。
4枚のセットなら のようなものです。

3枚上の同じマークの続き数字をつくる
例えば のような感じです。
4枚のセットなら のようなものです。
但し、この場合は、AとKをつなぐことは出来ません。

既に出来ているセットに付け札をする
例えば、既に が出来ていて、自分の持っているカードの中に があれば、これを
付け加えることができます。
また、 が出来ていれば、 を持っていれば、どちらかを付け足すことがで
きます。
ただし、この場合は2枚を付け足すことは出来ません。

以上が手札を減らす方法なので、覚えておいてください。


さて、いよいよ具体的なゲームの遊び方ですが、最初にプレイする人は(順番なんかは適当に決めてください)、テーブル中央の山札から1枚をとるか、最初に出ている場札のどちらか1枚をとって、
自分の持っているカードと照らし合わせてみます。

もし、3枚以上の
セットが出来ていたら、それらのカードを揃えてテーブルの上に置きます。
この時、カードは表向きにして、プレーヤー全員に見えるように公開します。

セットが出来ないときは、とったカードはそのまま手札として持っておきます。

最後に、自分の手札の中の
1枚を場札として、山札の横に表向きにして差し出します。
(但し、場札からとったカードは、そのまま差し出すことは出来ません)

これで、この人のプレイは一旦終わりで、次の人の順番に移ります。

次のプレーヤーも同じように、山札か場札のどちらか1枚をとって、自分のカードと照らし合わせてみます。
セットが出来ていたら、それを全員に公開して、自分の持ち札を減らしていくようにします。

また、自分の順番のときに、既にセットが出来ている場合は、テーブルの上に公開する事が出来ますが、そのまま持っていてもOKです。

セットがつくれなかった場合は、自分の持っているカードの中から1枚を場札として差し出して、順番を終わります。
但し、この場合も、場札からとったカードは、そのまま差し出すことは出来ません。
これはこのゲームを通して同じルールです。

このようにしてゲームを進めていきますが、付け札が出来るのは自分に順番が回ってきたときで、テーブルの上にセットが出来ていれば、
何枚でも付け札することが出来ます。
また、付け札できるのは、テーブルの上に公開されているセットなら、どのセットにも付け札することが出来ます。

最後の1枚がなくなった人の勝ちになりますが、最後の1枚は場札に差し出しても、付け札にしても、どちらでもOKです。

ゲームが終わらないうちに、ストックしている山札がなくなってしまった場合は、捨て札を集めて、再度山札をつくってゲームを進めていきます。

順位を決める場合は、手持ちのカードの得点などで決めるようにしますが、ふつうは
 A 1点
 KQJ 10点
数字のカードはその数がそのまま得点となります。

この時の順位は、カードの合計が少ない人から上位になります。


以上が「セブン・ブリッジ」の基本的な遊び方ですが、このトランプゲームは広く行われているので、ルールや遊び方などにもバリエーションがあるようです。
付け札の枚数を制限してみたりするなど、皆さんも独自の遊び方を工夫して楽しんでみてください。